皆様、こんにちは。
北九州の永田です。



気温も高い!
水温も高い!
セイゴの活性も高い!
仕事終わりで眠いが、私の活性も高い!

という事で、河川明暗部に沢山集まっているセイゴフィッシングを楽しみに出かけました。


セイゴと言えども、河川の護岸から50~60m程先の流れに付いてるのを狙います。

釣り方は、10cm弱のシンキングペンシルをキャストして、トゥイッチを入れ食わせの間を入れてやるとヒットします。

3 (5)

簡単そうですが、ルラーのサイズ、トゥイッチのバリエーション等で釣果に差が出ます。

何故なら50・60m先でメリハリのあるトゥイッチを行えるロッドでなければ、魚からの反応は少なくなるのです。


そして、この日もロッドはC3+ W.o.r.C 9'7"Class10です。

ティップの張りがあり、ロッド全体が硬すぎず疲れにくいので、この様な釣りにも最適。
40g以下のジグを使ったライトショアジギングにも、オススメなロッドです。

1 (8)

この釣りの楽しさは、トゥイッチからの食わせの間のバリエーションを色々試して、これが良い!ってのを探している時や見つけた時、どちらの時間もとても楽しいです。

これだ!ていうアクションが見つかると、とてもハッピーな気分になります。


2 (9)

これから、夏本番になれば、河川の最上流部まで遡上していくシーバス達。

益々楽しい釣りが待っている時期にになるので、これからも楽しい睡眠不足が続きます。






【タックル】
ドラグ設定:800g
ライン:pe1.2号
リーダー:25lb