皆様、こんにちは。
宮城県の西山です。


川の濁りも落ち着いたので、今日こそはと本流ヤマメ釣りへ。

最近は昼に暑くなることが多いので、朝の時間だけ…という釣行が多くなります。
また7月に入ると鮎釣りの方々で賑わうので…その前になんとかカッコイイ奴に逢いたいなと。

河に入ると、稚鮎がチラホラ。
こんな状況ならルアー選択は…鮎カラーかなと。
釣り下っていると、良型のヤマメが小気味良く釣れてきてくれます。

なかなか活性は高そうなので、期待できるかも!
100メートルくらい釣り下った所で、いかにもいい奴が居そうな所に差し掛かりました。

ガンガン瀬から流れが収縮し、開きになる深瀬。
シンキングミノーをダウンクロスで投げた後、余分なラインを水面から剥ぎ取るようにトイッチしながらロッドが流れを受け止めた辺りでした。

ヒットと同時にドラグを出され、下流でジャンプ!さらに凄い早さで上流へ走りまたジャンプ…
手に負えない奴です。目でついていくのがやっと…最高に楽しい!

何度か突っ込んだり、またジャンプしたりを運良く耐え、無事にキャッチできました…

IMG_20240608_070608

おそらくは遡上個体だと思いますが、それにしてもこの尾ビレ!!
どうりで上がって来ない訳です。
いなすなんて余裕も与えてくれない、愉しすぎる一本でした。

IMG_20240618_053040
IMG_20240618_053531 (1)

気がついたら少し汗ばむ陽気になっていましたが、こんなのに逢えたらもう充分です。
とても良い気分で納竿となりました。


海から遡上してきた鱒は、餌を食べないと昔聞いたことがありますが、私はそう思いません。
科学的根拠はもちろんありませんが(笑)

これから数ヶ月先に、産卵に向けて河で過ごす間、全く何も食べないで生きていくことが出来るとは思えないのです。

遡上鱒は、胃の中に何も入っていないのはよくありますが、人に例えて朝食べたものが消化しないで次の日まで胃に残ることもないでしょうし、お腹が減っているから釣れると考えれば胃に何も入っていない個体から釣れてくる確率は高いでしょう。

もちろん真相は魚に聞いてみないとわかりませんが…

鮎カラーに反応が良いことも、もし威嚇ならヤマメカラーやウグイカラーにも普通に掛かってくると思うのです。
過去の経験からもこの時期は鱒やヤマメに限らず圧倒的に鮎カラーへの反応が良いですし…

こんなことを考えながら釣りをすることも楽しみの一つです。
それに、魚の食生活については川魚だけでなく全ての魚種に通じていると思うのです…

今時期だけの最強モード個体に逢いに…出かけてみては如何でしょう?

ただ最近熊を見かける話が結構多くなっています。
私も今シーズン、目視確認出来る距離で2回見ました。

山に入るなら、できるならば単独は避け二人以上で行く。またスプレーや爆竹等、装備も充分な状態で行ければ良いと思います。

安全第一で!皆様も良き釣りが出来ますように…

IMG_20240608_070523







リール:シマノ 2000HG
ルアー:Jacksonメテオーラ52、ストリーク50、樹屋万水亜細亜50
ライン:pe0.6号 リーダーフロロ5ポンド 柏木ノット改にて接続
ドラグ初期設定:約0.3kg